「信頼、優しさ、安全」私たちの医療
0859-33-8181
受付時間:平日8:15~11:00
〒683-8605 鳥取県米子市皆生新田1-8-1
日本医療機能評価機構 一般病院2<3rdG:Ver1.1>
トップ > 支援部門紹介 > 看護部紹介

看護部紹介

看護部長 森石 好江
看護副部長 岡本 文枝
看護副部長 多田 裕子

看護部長メッセージ

看護部長
森石 好江

 当院は、鳥取県西部から島根県東部の地域を中心に「地域の皆様と勤労者の健康を守る」役割を担っています。従来の24時間の救急患者受け入れに加えて、平成26年からは小児科・産婦人科の病床を開設して地域の急性期医療を提供してまいりました。その後、平成28年には地域包括ケア病棟を導入し、「退院後の生活を鑑みてもう少し入院の期間が必要」という方々へ対応できるようになりました。さらに、平成30年度からは地域包括ケアシステムの充実を図るべく、地域連携室の名称を「総合支援センター」に改めてスタッフを増員し地域との更なる連携強化を図ろうと多職種で頑張っています。
 看護部では、「信頼・優しさ・安全」という病院理念のキーワードをもとに、これらの役割を確実に提供できる人材を育成すべく、平成30年度から従来のクリニカルラダーから「労災病院看護部キャリアラダー」に変更いたしました。これは、日本看護協会のクリニカルラダーをベースに労災病院の役割である「勤労者看護」を看護実践に追加し、看護の実践以外でも組織で働く看護職として必要な「役割遂行能力」と、「自己教育力・研究」の項目を追加したものです。各自が自分の能力を確認しながら努力し続けられる人材として成長することを支援するために、全国32の労災病院共通のものとなっています。さらに、今年度からは、看護管理者の育成を目的に「看護管理者パートナーシップシステム」を導入しています。
 山陰労災病院は、設立から50年以上が経過し建物の老朽化が進んでいる中で、平成29年度には3回目の医療機能評価を受審し更新認定されました。古い建物でも『医療機能は合格!』というお墨付きをもらい、職員には自信につながっているように思います。元号が改まり、令和となった今年5月からは6年後の完成を目指して、いよいよ本格的な増改築工事が始まります。「古い・暗い・狭い」から改善された新しい建物で働くことを楽しみに、職員1人1人が能力を発揮しながらチームとして協力し合い、より良い医療・看護が提供できるよう努力してまいります。工事期間中は、皆様にご迷惑をおかけすることもあると思いますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

看護部理念

基本方針(Nursing Policy)

  1. 勤労者医療や地域医療に貢献します
  2. 倫理に基づいた看護を実践します
  3. 医療安全や感染防止に努めます
  4. 個別で継続性のある看護を提供します
  5. 効果的で効率的な看護を提供します
  6. チーム医療を実践します
  7. 専門職業人として、看護実践の向上に努めます

看護部組織

 

拡大表示»

看護体制

  1. 一般病棟入院基本料(施設基準7:1)
  2. 看護単位:(各部署をクリックすると各部署の紹介がご覧に頂けます)
  1. 合計12看護単位
  2. 看護提供方式:固定チーム継続受け持ち制
  3. 勤務体制:病棟8時間三交替制・外来二交替制
  4. 平成26年4月開設:
    産婦人科外来、小児科外来 、2階南病棟(産婦人科、小児科)22床      
  5. 平成28年10月:
    4階西病棟(地域包括ケア病棟に届出)47床
  6. 平成29年6月:
    小児科入院病棟を2階南病棟から4階東病棟に変更 *ただし、新生児は2階南病棟
小児科 2階南病棟

看護教育体制

 昨年度までは山陰労災病院版のラダーを活用していましたが、平成30年4月から日本看護協会のクリニカルラダーをもとに作成した「労災病院看護部キャリアラダー(全国労災病院33施設共通)」に移行しました。一生更新のない看護職の免許ですが、日々変化する社会情勢や医療・看護に適応する『看護実践能力』に「労災病院」の使命である『勤労者看護』を追加し、組織の中で役割を果たし、自己教育・研究能力をもった看護職の育成を目指しています。各自のキャリアビジョンを明らかにして、それぞれのペースに合わせて個人の努力と周囲の協力により成長していけるようレベルごとに様々な研修を企画しています。公開研修もありますので院外からの参加者も歓迎しております。
 新人看護職員教育については、2010年4月に改正された「保助看法」「人確法」により努力義務化された新人看護職員の卒後臨床研修が導入されており、現在まで改訂しながら集合研修(Off-JT)とOJTの連携強化を図りつつ、看護職全員で支援ができるシステムとなっています。  

 

拡大表示»

新人看護師研修の様子

キャリアアップ支援

専門性の高い看護の提供を目指し、一人一人にキャリアアップをサポートしています。

  1. 専門並びに認定看護師支援制度(資格取得と認定審査、更新のバックアップ)
  2. その他学会認定による資格取得の支援
  3. 全国33の労災病院への派遣交流・転任制度等
認定看護師状況 その他の有資格者
感染管理認定看護師
透析看護認定看護師
がん化学療法看護認定看護師
がん化学療法看護認定看護師
集中ケア認定看護師
皮膚・排泄ケア認定看護師
糖尿病看護認定看護師
救急看護認定看護師
認知症看護認定看護師
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
摂食・嚥下障害看護認定看護師
目次  香
森岡 万里
原田 由美
青砥由美子
東田 宏美
岩下 明美
足立 里美
原田真喜子
須田 明美
武下 絵梨
丸本 康将
清水 恵美
呼吸療法認定士
糖尿病療養指導士
内視鏡検査技師
ICLSインストラクター
IVR看護師    等

認定看護師紹介のページ»

スキルアップ支援

当機構本部での合同研修や全国研修会・学会など参加のサポートをしています。

  1. 機構本部研修参加支援
  2. 中堅看護師研修参加支援
  3. 全国看護研修会・学会参加支援
  4. 院内研修体制   等 

看護部行事

  1. 看護研究発表会、納涼会、一日看護体験、労災フェアやハートフルコンサート、就職支援活動など。

保育所の開所

  1. さんさん保育所 2011年12月開所
ページのトップへ戻る