「信頼、優しさ、安全」私たちの医療
0859-33-8181
受付時間:平日8:15~11:00
〒683-8605 鳥取県米子市皆生新田1-8-1
日本医療機能評価機構 一般病院2<3rdG:Ver1.1>
トップ > 支援部門紹介 > 救急部・ER/HCU紹介

救急部・ER/HCU紹介

救急部長  (兼)救急病棟担当 野坂 仁愛
第二救急部長(兼)救急病棟担当 岡野  徹

特 徴

 平成20年7月1日に救急部を設置し、ER、HCUを開設して以来、いつでも入院治療必要な救急患者さんがすぐに治療開始できるよう、救急に関与する全科医師をはじめすべての部署のスタッフが対応しております。この事は、スタッフ一同の努力は勿論ですが、救急患者さんを助けたいの思いを胸に活動される西部消防をはじめとする多数の開業医療機関の皆様方の協力の結果だと思います。  改めましてこの場をお借りしまして深く感謝を申し上げますとともに、今後ともよろしくお願いを申し上げる次第です。

開設の目的

救急告示病院としてふさわしい診療体制の整備

  • 救急診療要請を断らない
  • 救急患者の円滑な収容
  • 重症患者を集中管理する

診療体制と運用

救急病棟部門(ER/HCU)       
1.ER(20床)の運用
予定入院以外の患者さんは全てERに入院
翌日に当該病棟に転棟し、十分な空床を確保
一般病棟は予定入院患者のみ(特別な病態・疾患は除外)
 全ての急患を「24時間」「いつでも」「迅速に」収容するという目標を掲げて運用しています。その結果、空床確認や部屋の確保のために無駄な時間を費やすということはなくなり、受入が極めて円滑に行われています。この点は全国にも誇れるものと思っています。
 2017年の実績は、平均746.2/月(564~874)でした。曜日別では土・日・祝祭日が平日と比べて少ないのは前年度と同様でした。       
2.ER(8床)の運用
救急入院および院内発症の重症患者(呼吸器管理 血液浄化など)
大手術後の患者(外科系患者の多くを収容)
主治医制に加えて他科専門医の協力医体制による迅速対応
家族の面会は原則自由
多職種による合同カンファレンス
 医師との相談も気軽に行われています。面会は自由でありご家族にも満足していただいているものと思っています。さらなる医療レベルの向上を目指して頑張っていますのでご支援の程を宜しくお願いいたします。 2017年の実績は、平均180.6/月(147~208)でした。
救急外来部門       
1.夜間休日の診療体制
当直:平日・休日:1人
日直:土曜日:1人+研修医1人の計2人、日曜・祝日:外科系1人+内科系1人+研修医1人の計3人
これに加えて、常に全科(専門医)の当番医が待機をしています。
2.緊急性の高い脳血管や心臓の疾患対応
脳卒中センター(脳神経内科と脳神経外科の医師)
心臓・血管センター(循環器科と心臓血管外科の医師)
ダイレクトコールによる病院、診療所、医院からの依頼に医師が直接応対(運用は平日8:15~17:00)
3.当院救急外来の状況は、急患患者数は9,035人で、その中で救急入院は1,796人(20%)でした。現場の医師や看護師の苦労・負担は非常に大きなものがあります。しかし、急な疾患に見舞われた患者さんや日夜を問わず当院を 頼って来られる患者さんを何とかしてあげたい気持ちを持って、精一杯頑張っております。今後も「労災病院に来て良かった、助かった」と言われるように全員で対応していきたいと考えています。
ページのトップへ戻る