「信頼、優しさ、安全」私たちの医療
0859-33-8181
受付時間:平日8:15~11:00
〒683-8605 鳥取県米子市皆生新田1-8-1
日本医療機能評価機構 一般病院2<3rdG:Ver1.1>
トップ > 診療科紹介 > 病理診断科の紹介

病理診断科の紹介

特 徴

診療の側面支援部隊として頑張ります

 病理診断科は2012年9月1日に開設されました。患者さんの体から採取された細胞や組織を
顕微鏡で診断することで、臨床診断や治療方針の決定に貢献しています。
 診断法には細胞診断、組織診断、術中迅速診断および病理解剖があります。

  1. 細胞診断:気採取された細胞を顕微鏡で観察し、悪性細胞がないか調べます。検体には喀痰、尿、胆汁、膵液、甲状腺、乳腺、子宮頸部、子宮内膜、リンパ節、胸水、腹水、脊髄液などがあります。その中に悪性細胞がないか主にスクリーニング目的で行われます。診断は数日で完了し、患者さんにも苦痛はあまりなく比較的簡便です。
  2. 組織診断:生検(カメラや画像などで癌と疑われたときに採取される)や、切除標本(悪性腫瘍あるいは良性腫瘍)を顕微鏡で観察して最終診断を行う他にも腫瘍の範囲、リンパ節転移の有無、分子標的療法への適応の是非、などについても主治医に知らせることがあります。
  3. 術中迅速診断:悪性腫瘍の範囲や何の腫瘍なのかを知るために、手術中に採取された材料を急速に凍らせて診断します。診断結果によって手術範囲や治療方法が変更することがあります。標本到着後10~30分ほどで診断できますが、組織診断に比べて正確性が少し劣ります。
  4. 病理解剖:患者さんがお亡くなりになった場合、生前の臨床診断が正しかったのか、治療効果はあったのか、死因は何だったのか、合併症や偶発病変などについて調べます。

 現在、5名(病理専門医兼細胞診指導医1名、細胞検査士2名、臨床検査技師2名)のスタッフで業務に従事しています。
  本科では患者さんの治療を第一に考え、常に各科との連携に努めています。臨床科の医師、看護師、各種技師、事務とのコミュニケーションを通じて、正確な病理情報の伝達に役立てています。
 病理診断科のスタッフが患者さんと直接お会いすることはありませんが、縁の下の力となって主治医の診療を支援しています。
 他の病院で下された病理診断についてもセカンドオピニオンに応じています。不明な点があれば、気軽に連絡してください。

診療実績

診 断 H25年度
(2013)
H26年度
(2014)
H27年度
(2015)
 H28年度
(2016)
 H29年度
(2017)
細胞診 1,601 1.937 2,107 2,160 2,004
(うち迅速組織診) 12 19 22 18 14
組織診 1,883 2,010 2,041 2,000 1,915
(うち迅速組織診) 24 21 26 38 32
病理解剖 12 4 4 4 3

学会施設認定

  • 日本病理学会研修登録施設(6034号)
  • 日本臨床細胞学会施設認定(0939号)

スタッフ紹介

病理診断科部長
庄盛 浩平
詳細
ページのトップへ戻る