Home>医療機関の方>地域医療支援評議会連絡部会規程

地域医療支援評議会連絡部会規程

  • (目 的)
    第1条
    山陰労災病院地域医療支援評議会(以下「評議会」という。)業務を適時適切に行うため、評議会に山陰労災病院地域医療支援評議会連絡部会(以下「連絡部会」という。)を設置する。
    2.
    連絡部会は、医療連携連絡部会、救急医療連絡部会及び介護・福祉連絡部会の3連絡部会とする。
  • (業 務)
    第2条
    各連絡部会の業務は以下のこととする。
    2.
    医療連携連絡部会
    1. 地域の医療従事者に対する病院の施設、設備の開放、共同利用の実施及び利用医師登録制度の実施の情報提供、連絡調整に関すること。
    2. 地域の医療従事者に対する研修の実施に関すること。
    3. その他医療連携に必要な事項に関すること。
    3.
    救急医療連絡部会
    1. 救急医療の提供体制に関すること。
    2. その他地域医療推進に必要な事項に関すること。
    4.
    介護・福祉連絡部会
    1. 医療提供後の介護・福祉との連携体制に関すること。
    2. 地域保健向上のための予防医療にかかる事項に関すること。
    3. その他地域医療推進に必要な事項に関すること。
  • (委員の構成)
    第3条
    各連絡部会委員は、評議会委員及び別に評議会委員が推薦するものとで構成する。
    2.
    委員が連絡部会に出席できない場合は、代理者を出席させることも可とする。
  • (連絡部会長の選出)
    第4条
    各連絡部会に長を1名置き、委員の互選により選出する。
  • (評議会の開催)
    第5条
    各連絡部会は連絡部会長が招集し、その議長となる。
    2.
    各連絡部会は、必要に応じて随時開催するものとする。
    3.
    各連絡部会の開催は、評議会を開催したものと見なし、その審議決定事項は、評議会の審議決定事項とする。
    4.
    各連絡部会の審議決定事項は、次回評議会で報告するものとする。
  • (委員の任期)
    第6条
    委員の任期は1年(会計年度)とし、再任を妨げないものとする。
    附則
    この規程は、平成21年3月18日から適用する。