「信頼、優しさ、安全」私たちの医療
0859-33-8181
受付時間:平日8:15~11:00
〒683-8605 鳥取県米子市皆生新田1-8-1
日本医療機能評価機構 一般病院2<3rdG:Ver1.1>
トップ > ご寄附について

ご寄附について

信頼される・優しい・安全な医療を目指して

 山陰労災病院は、昭和38年6月に内科、外科、整形外科、皮膚泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、理学診療科の7診療科と病床200床をもって現地に開設されて以降、半世紀以上にわたり鳥取県西部地区の基幹病院として急性期医療を提供してまいりました。
 これからも地域の皆様からのニーズにお応えし、より高度な医療を提供するため、現在、新棟建築建替え工事を実施しておりますが、最新の医療機器や待合室の椅子などの備品につきましては、当院の自己資金によって賄わなければなりません。しかし、当院の自己資金だけでは決して十分とは言えない状況にあります。
 そこでこの度、地域の皆様方に「新しい山陰労災病院」へのご支援とご協力を賜りたく、ご寄附をお願いすることといたしましたので、何卒よろしくお願い申し上げます。

山陰労災病院 院長 豐島 良太

ご寄附の使途について

 皆様からいただいたご寄附は、最新医療機器の整備、院内環境の整備・サービス向上、医療スタッフの教育・育成に使用させていただきます。
 なお、ご寄附をいただいた方より具体的な使途をお示しいただいている場合には、その目的に沿った使用をさせていただきます。

最新の医療機器 院内環境の整備 医療スタッフ育成

税法上の優遇措置について

 当院は、独立行政法人労働者健康安全機構を母体としておりますので、税制上の優遇措置をうけることができます。

個人の場合(所得税法第78条)
寄附金額の2,000円を超える部分について、当該所得の40%を限度に所得控除の対象となります。
法人の場合(法人税法第37条)
寄附金額の全額損金算入が可能です。
※米子市にお住まいの方は、個人住民税の税額控除が受けられます。詳細は米子市の市民税課へお問い合わせください。
※一般の寄附金に係る損金算入限度額とは別枠です。

ご寄附のお申込み方法

 ご寄附のお申込みについては次のとおりです。

「寄附申込書」(pdf版若しくはWord版)をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、郵送またはご持参下さい。ご持参される場合は、事前にご連絡下さい。
「寄附申込書」の記載内容を確認した後、「寄附受入書」を送付いたしますので、届きましたら、当院指定の口座にお振込みをいただくか、若しくは寄附金をご持参下さい。
ご入金の確認が取れましたら「寄附受領書」を郵送若しくは当院にてお渡しいたします。なお、「寄附受領書」等の書類は「税制上の優遇措置」のお手続きに必要となりますので、大切に保管して下さい。

お問い合わせ先(ご寄附申込先)

〒683-8605
鳥取県米子市皆生新田1-8-1
山陰労災病院 総務課
0859-33-8181
0859-22-9651
※お電話や寄附申込書を直接持参される場合は、平日の8時15分から17時までの間にお願いいたします。

ご寄附いただいた方の氏名の公表

 ご寄附いただいた方に感謝の意を込め、氏名の公表にご同意いただいた方は、当院のホームページ及び院内にて一定期間掲示させていただきます。

ご案内
ページのトップへ戻る