平成30年度 山陰労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 565 109 198 330 334 468 1,067 1,653 1,635 574
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院した患者数を10歳刻みの年齢階級別で示した表です。
当院の退院患者数が最も多い年齢階級は70代となっています。
未成年の患者(0~19歳)の割合は9.72%、70歳以上の割合は55.70%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 331 3.29 3.01 1.21% 71.28
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 112 3.44 4.47 0.00% 71.71
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 82 16.09 17.66 2.44% 84.07
050210xx97000x 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 50 10.82 11.01 0.00% 80.90
050030xx97000x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 33 12.15 12.52 0.00% 69.70
 虚血性心疾患が中心ですが、最近は膝から末梢を含めたASOに対するカテーテル治療も増えてきています。また、肺塞栓症や腎動脈に対するインターベンションも随時行っています。2012年4月からは不整脈に対するカテーテル治療(カテーテルアブレーション)も行っています。急患を含めて疾患全般にわたり心臓血管外科と緊密な連携を取っています。
 方針:24時間体制で急患対応にあたっており、迅速かつ的確でムダのない医療を心掛けています。急性心筋梗塞の治療は90分ルール(病院到着からカテーテル治療までを90分以内に行う)を設けて動いています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 137 31.26 26.30 65.69% 83.81
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし 68 24.46 19.61 33.82% 81.00
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 56 29.50 22.27 16.07% 68.98
160760xx97xxxx 前腕の骨折 その他の手術 43 10.00 5.68 2.33% 54.56
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 34 34.12 24.26 2.94% 75.88
 当科の診療内容は、骨折・脱臼・脊椎損傷などの外傷性疾患はもちろんのこと、関節疾患、手の外科、骨粗鬆症、末梢神経障害、脊椎疾患などです。
 当科で行っている診療内容は
【骨折などの外傷、骨関節感染症】:骨折などの外傷は、最も重要な分野です。骨折の治療はスピーディーさが大切です。麻酔科や内科の協力をいただき、早期にかつ安全に手術を行う環境を整備しています。
【関節外科】:股関節や膝関節の人工関節や、比較的若い症例には、骨切り術などの関節温存手術を行っています。2014年より、人工関節はナビゲーション手術や3D立体モデルによる手術支援の併用を行っています。近年は肩関節の関節鏡視下手術(腱板断裂修復など)も増加しています。
【関節リウマチ】:内服薬のメトトレキサートを軸とし、疾患活動性に応じて生物学的製剤を使用し、寛解を目指します。
【手の外科・上肢末梢神経障害】:手の骨・腱・靱帯損傷、手根管症候群、肘部管症候群などが主な対象です。手外科専門医の山下優嗣医師が微小血管外科・再接着などを行います。
【小児整形】:股関節疾患と上肢の先天性障害が主になります。
【骨粗鬆症】:当院では骨代謝マーカーと骨密度測定装置(DXA)を用いて、治療のモニタリングを行っています。骨密度測定は、骨折し易い部位(脊椎・大腿骨)で測定するのが理想的です。骨密度測定のみの依頼も簡便に利用できる体制をつくりました。
【スポーツ障害】:膝半月板障害、靱帯損傷などが主な対象となります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 15歳以上 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 110 5.01 4.96 0.00% 67.60
060330xx02xxxx 胆嚢疾患 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 42 6.31 6.52 0.00% 59.83
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 38 6.61 7.30 5.26% 60.58
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 5.33 5.49 0.00% 43.52
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 21 21.90 16.49 4.76% 70.95
 消化器および乳腺の癌の手術、胆石症や鼡径ヘルニア、痔核などの良性疾患、胆嚢炎や虫垂炎、腹膜炎など緊急手術を要する疾患も対象に、幅広く外科領域の診療を行っています。
 消化器疾患に関しては、内科、放射線科とカンファレンスを行い、各疾患ガイドラインに基づいて治療方針、手術適応を決定しています。また、外科カンファレンスを毎日行い、術前・術後の症例や治療困難症例の検討を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 100 3.84 5.42 0.00% 2.90
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 95 5.57 6.19 1.05% 0.85
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 54 5.57 6.62 0.00% 2.69
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 47 7.09 6.17 0.00% 0.00
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 処置2なし 42 4.60 6.14 2.38% 2.43
小児科は平成26年4月に新設されました。診療所や他の一般病院ならびに鳥取大学医学部附属病院と緊密に連携を取りながら、小児医療ならびに周産期医療を行います。当院は総合病院ですので、他の診療科との共同診療が可能であり、多様なニーズにお応えすることが可能と考えます。標準医療を実践し、患者さんやご家族の疑問に真摯に耳を傾けることができる医療を心がけます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 55 7.24 7.20 1.82% 73.51
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 50 9.56 8.65 0.00% 73.64
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:前立腺針生検法 副傷病なし 49 3.12 2.53 0.00% 72.53
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 処置1なし 副傷病なし 48 6.67 5.62 0.00% 65.58
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:タキソテール等(3) 17 14.12 14.55 0.00% 76.06
 当科は地域の中核病院の泌尿器科として尿路性器癌、尿路結石、排尿障害など泌尿器科疾患全般の診断、治療を行なっておりますが、当院には数年前まで小児科がなかったことから小児の疾患についてはあまり扱っておりません。入院は癌の患者さんが約50%と多く、腎や膀胱などの癌の手術を積極的に行っております。また癌の患者さんには基本的に告知を行うこととしております。
 癌に次いで多いのは結石の治療ですが、体外衝撃波による結石破砕は、ほとんど外来にて無麻酔での治療を行っております。また、尿管鏡による経尿道的手術も年間40~60例を行っております。
 また、レーザー装置を導入しており、結石や前立腺の手術に力を発揮しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 55 4.82 5.10 0.00% 68.27
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 その他の手術 42 2.12 3.17 0.00% 4.12
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 37 7.16 7.89 0.00% 21.30
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 34 5.32 7.27 2.94% 46.94
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 8.04 7.04 0.00% 55.87
 耳鼻咽喉科は首から上の狭い範囲を扱う小さい科と思われがちですが、視覚を含めた五感、小児科的疾患、上気道呼吸器疾患、めまい、顔面神経麻痺、突発性難聴などの内科的疾患と耳鼻咽喉領域の外科的疾患を取り扱います。最近の鼻副鼻腔手術は内視鏡下での手術が可能となり、鼻内からどこにも傷を付けないで安全に行うことができ、入院期間も短縮しました。
 突発性難聴、顔面神経麻痺、鼻出血、扁桃周囲膿瘍、上気道の急性炎症性浮腫による呼吸障害、めまい発作などは、すぐに御連絡いただければ対処できるように努力しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 43 10.77 9.70 0.00% 33.26
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2なし 37 19.11 19.69 8.11% 30.32
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 その他の手術 19 6.58 8.86 0.00% 73.79
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 19 6.00 6.16 0.00% 45.21
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 副傷病なし 18 3.17 8.01 0.00% 63.78
 産婦人科は平成26年4月21日から外来診療を開始し、6月から分娩を取り扱っています。婦人科手術はできる限りminimum invasive surgeryをめざし入院期間の短縮を図っています。地域の医療施設と鳥大病院をつなぐ2次医療施設として、手術を含む救急疾患にも対応しています。現在は、産婦人科専門医2名で診療を行っており、鳥取大学から不定期で診療応援をいただいております。
 婦人科は異所性妊娠、卵巣囊腫の茎捻転や卵巣出血などの緊急手術が必要な救急疾患の受け入れも行っています。現在は、主に婦人科良性疾患を対象に手術を行っています。可能な限り腹腔鏡下手術を取り入れ、できるだけ手術創を小さく目立たないようにして入院日数の短縮を行っております。骨盤臓器脱の手術はご高齢の方が多いため入院日数は1週間以内としています。
 生殖医学領域では、若年の月経困難症、月経不順、卵巣機能不全および性器奇形などもご紹介いただいており、MRI検査や手術などは待機期間がほとんどない状況で適切な処置が可能となっています。更年期障害などのホルモン補充療法も個々の症例に合わせて適切に対応しています。不妊症については、精液検査や子宮卵管造影の検査も可能で近隣の医院からの検査依頼にも対応しています。体外受精や顕微受精はできませんが人工授精までの治療を行っております。
 産科は、鳥取県西部地域における当院の産婦人科の置かれている現状から、総合周産期母子医療センターである鳥取大学医学部附属病院と産婦人科診療所との中間的な総合病院の産科施設としての役割を担っております。当然、一般のリスクのない正常妊娠の方の分娩も取り扱っておりますが、他の疾患を持った妊娠やハイリスク妊娠などの症例が多く、スタッフと治療方針を検討しながら診療を行っています。さらに、最近増加している、社会的にリスクのある妊婦さんの受け入れも行っており地域の行政機関との連携も行っております。また、当院の特徴として、不育症患者は鳥取県西部地区のみならず、鳥取県内全域から島根県東部まで広い範囲からご紹介いただいております。今後さらに地域との連携を深め、地域の方々に信頼されるよう日々の診療にあたりたいと考えています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 77 19.55 16.18 31.17% 73.39
010060x2990421 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病:肺炎等(2) RankinScale0~2 22 33.68 30.75 59.09% 81.18
010060x2990411 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病:水頭症等(1) RankinScale0~2 12 21.92 18.22 33.33% 77.08
010060x2990301 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:SPECT等(3) 副傷病なし RankinScale0~2 10 25.40 18.02 30.00% 68.20
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし 9 5.78 6.24 0.00% 69.44
 神経内科では主に脳梗塞の症例を中心に治療を行っています。
 超急性期治療としては血栓溶解療法のみならず、脳神経外科と協力して血管内治療も積極的に行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし 37 11.35 11.80 18.92% 80.14
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 24 17.63 18.72 45.83% 70.08
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 18 9.44 9.69 22.22% 81.50
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 14 7.36 7.35 7.14% 66.21
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 11 21.36 21.23 63.64% 75.27
 脳神経外科は昭和52年に開設され、以後鳥取県西部の脳神経外科医療の一翼を担ってきました。最近の年間入院症例は約200~300例で、血管内手術を含めた手術症例は150例前後で推移しています。
 主な入院症例の内訳は、頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍、正常圧水頭症であり、特に脳血管障害は神経内科の協力を得て、急性期治療を受け入れています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 43 1.93 2.85 0.00% 64.79
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 19 11.37 12.01 5.26% 75.11
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 14 3.36 5.50 0.00% 72.71
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 11 24.09 22.91 9.09% 73.55
050080xx01010x 弁膜症 弁置換術等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 11 25.00 24.00 0.00% 75.36
 ・下肢静脈瘤患者のほとんどは1泊2日または日帰り入院でした。
 ・下肢閉塞性動脈硬化症等の手術患者数は約50人でした。
 ・弁膜症手術は約20例でした。
 ・虚血性心疾患手術は約20例でした。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 67 13.67 10.08 0.00% 74.02
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 28 4.21 2.67 0.00% 69.42
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 22 7.00 5.42 0.00% 46.95
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 20 21.00 20.92 10.00% 86.15
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 処置2なし 20 8.25 8.93 0.00% 74.20
 上記に示す5分類を含め、胃、食道や膵・胆道系の化学療法、炎症性腸疾患、肝がん治療、肝炎治療等、消化器疾患幅広く力を入れています。
 当科での主要疾患は、消化管(食道から大腸)、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓疾患であり、内科学会、消化器病学会、消化器内視鏡学会、消化器がん検診学会、肝臓学会等の指導施設、認定施設ないしは教育病院となっており、指導医、専門医、認定医の資格を持った医師等が検査や診療に当たっています。
 疾患の早期診断、早期治癒をモットーとし、早朝カンファレンス、内視鏡検討会、症例検討などを行い、医師同士あるいはコメディカルとも協力しあいながら患者サイドに立った医療の提供を目指しています。
糖尿病・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病 末梢循環不全なし(02) 手術なし 処置2:インスリン注射(1) 85歳未満 25 18.92 13.90 0.00% 64.4
100071xx99x100 2型糖尿病 末梢循環不全あり(02) 手術なし 処置2:インスリン注射(1) 85歳未満 20 15.65 14.27 0.00% 68.55
100070xx99x010 2型糖尿病 末梢循環不全なし(01) 処置2なし 18 13.38 12.36 0.00% 65.38
0400801499x002 肺炎等(04) 75歳以上の市中肺炎 手術なし 処置2なし 重症度:中 15 25.40 15.17 6.66% 83.60
100071xx99x000 2型糖尿病 末梢循環不全あり(01) 手術なし 処置2なし 12 11.75 11.54 0.00% 71.41
 当院糖尿病・代謝内科では、主に糖尿病の診療に携わっており(高脂血症、高尿酸血症、その他内分泌疾患に関しても診療は施行)、昭和60年開設以来、今年で33年目となります。
 糖尿病教育施設に認定されており、専門医2名、糠尿病療養指導士10名が有資格者として勤務しています。
 糖尿病治療に関しては、外来患者、入院患者、開業医からの紹介患者を主な対象として、医師、看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師の協力の下、毎月2回、糖尿病教室を開催し、教育入院を中心に、「自己管理」をモットーとした患者指導、合併症の予防を主眼とした診療を行っています。また、インスリン治療の外来導入も開始しており、一泊二日の教育入院を実施、フットケア外来も開設しています。
呼吸器・感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x013 肺炎等(04) 75歳以上の市中肺炎 手術なし 処置2なし 重症度:中 87 14.39 19.87 3.44% 84.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 38 20.81 20.92 13.15% 82.10
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支ファイバースコピー等 処置2なし 24 3.83 3.43 0.00% 70.62
040080xxCCPM01 肺炎等(01) 15歳~74歳の市中肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 軽症 24 8.33 8.67 0.00% 53.16
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 21 9.14 10.00 0.00% 76.38
 当科は呼吸器内科と感染症内科を統合し、呼吸器・感染症内科として平成25年1月1日から開設しました。
 当科では、近年増加している慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息を含めたアレルギー性肺疾患、肺炎をはじめとした呼吸器感染症、間質性肺炎を代表とするびまん性肺疾患、肺癌を主とした呼吸器悪性腫瘍などの診断、治療を中心として呼吸器疾患全般の診療を行っています。
 なお、当院は、日本呼吸器学会認定施設でもあり、ガイドライン、エビデンスに基づいた診断と治療を心掛けています。
 さらに、職業性肺疾患である、じん肺、アスベスト関連疾患などの健診、診断、治療も行っており、アスベスト疾患センターを開設しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術 処置2なし 41 12.26 11.56 2.43% 71.53
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2なし 副傷病なし 18 3.88 8.75 0.00% 71.50
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 17 16.64 20.92 17.64% 78.70
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 17 14.70 12.58 5.88% 75.35
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2:人工腎臓(1) 13 21.61 35.72 15.38% 71.38
 現在わが国では全国民の約400人に1人の割合で慢性維持透析を受けている患者さんがいますが、その背後には成人の約8人に1人に当たるおよそ1,330万人にのぼる「慢性腎臓病(CKD)」の存在が推測されており、更にこの内の約360万人はすでに腎機能が50%を切っていると推測されています。この慢性腎臓病(CKD)の存在は心・血管疾患の発症と生命予後に強く影響を与えていることが多くの研究で明らかにされており、慢性腎臓病の診断と治療の重要性が叫ばれています。
 2016年末現在、日本全国で慢性維持透析を受けておられる患者数はおよそ31万5千人で、毎年約7千5百人の患者数の増加を認めています。その要因は高齢化社会を反映しての糖尿病性腎症と高血圧性腎硬化症の増加ですので、これら慢性腎臓病(CKD)の診断と治療がますます重要となっています。
 当院は日本腎臓学会および日本透析医学会の認定施設として、日本腎臓学会専門医・指導医および日本透析医学会専門医・指導医の資格を持つ医師が内科的腎疾患の診断と治療、および急性腎不全や保存期から末期までの慢性腎不全管理に当たっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 25 8 8 9 23 22 1 7
大腸癌 11 18 25 49 22 60 1 7
乳癌 3 6 2 1 1 4 1 7
肺癌 2 1 10 23 10 25 1 8,7
肝癌 3 5 10 6 12 42 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院に入院し、がん診療を受けた5つの代表的がん疾患(5大がん)の診療情報の指標です。
 初めての治療(初発)時のがんの進行度(Stage:ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計しています。
 当院にがん治療のために入院された患者さん(初発時)のがんの進行度の最頻値は次の通りでした。
 胃がんStageⅠ 大腸がんStageⅣ 乳がんStageⅡ 肺がんStageⅣ 肝がんStage不明
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 29 8.83 53.52
中等症 143 16.87 80.79
重症 27 26.56 85.81
超重症 5 29.20 83.20
不明
 20歳以上の患者さんについて日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標です。
 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しました。
 入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見ています。
 中等症が最も多くなっており、全体の半分以上(70.10%)を占めています。
 年齢が高くなるほど重症度が増す傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 213 29.46 76.91 43.04%
その他 24 24.46 76.63 4.22%
 脳梗塞を発症日から入院日までの期間別に入院患者数等を見た指標です。
 ここでいう脳梗塞とは国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)においてI63$であるものを集計しています。

 脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患であり、脳梗塞の場合、早期に治療を行うことが効果的とされています。救急で搬送される患者さんも多く、受け入れには救急体制の確保が必要となります。
 当院では発症日から3日以内に入院される患者さんが多く、平均年齢は76.91歳、リハビリ病院等への転院率は43.04%でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 107 2.90 27.57 58.88% 82.69
K0821 人工関節置換術(股) 等 102 1.60 30.55 11.76% 72.01
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 61 2.44 15.52 9.84% 58.59
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 41 3.95 28.41 53.66% 83.49
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 22 1.00 4.64 0.00% 45.14
整形外科入院における件数上位5位までの手術件数です。

【骨折などの外傷、骨関節感染症】:骨折などの外傷は、最も重要な分野です。骨折の治療はスピーディーさが大切です。麻酔科や内科の協力をいただき、早期にかつ安全に手術を行う環境を整備しています。
【関節外科】:変形性関節症・関節リウマチが主な対象です。股関節や膝関節の人工関節や、比較的若い症例には、骨切り術などの関節温存手術を行っています。2014年より、人工関節はナビゲーション手術や3D立体モデルによる手術支援の併用を行っています。近年は、肩関節の関節鏡視下手術(腱板断裂修復など)も増加しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 107 1.20 2.45 1.87% 60.72
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 1.65 4.44 2.38% 60.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 26 0.35 3.85 0.00% 44.54
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 4.32 15.37 0.00% 72.42
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 17 3.76 18.35 5.88% 72.12
外科入院における件数上位5位までの手術件数です。

 近年の内視鏡外科手術の進歩は著しく、全国的にその数は増加しています。腹部に3~5箇所、5 ~ 10mm程度の穴を開けて、腹腔鏡(ふくくうきょう)というカメラでお腹の中を観察しながら手術を行います。お腹に大きな傷を作らないので体にやさしく、美容的にも優れています。また、カメラで視る映像は実際よりも大きく(拡大視効果)、緻密な手術が可能となり、出血量も減らせます。このため、胃癌、大腸癌などの悪性疾患に対する手術にも取り入れられるようになりました。
 当院も、消化器手術の80%を腹腔鏡で行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 等 62 2.32 2.65 0.00% 73.60
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 等 44 2.32 1.91 0.00% 69.70
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 等 30 3.03 9.57 0.00% 79.33
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 等 30 0.13 6.83 0.00% 73.90
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 等 28 0.04 17.29 10.71% 71.43
循環器科入院における件数上位5位までの手術件数です。

●心臓カテーテル治療の考え方
 心臓カテーテル治療の施行に際しては、「患者さんにとって本当に心臓カテーテル治療が必要なのか」、「長期的に見て冠動脈バイパス術の方がより良いのではないのか」ということを常に念頭に置きながら行ってきました。その結果、保存的に見る症例や冠動脈バイパス術に回す症例は他の施設よりも多いのではないかと思っています。また、「心臓カテーテル治療は出来るだけシンプルに」という方針で行っています。とは云っても及び腰になるのではなく、必要時にはハイリスク症例にも積極的に行っています。

●不整脈治療の考え方
 不整脈の中には治療を必要としないものも多く、この治療が「本当に必要なのか」「長期的に見てより有効な治療法はないのか」ということを常に検討しています。手順としては、
①不整脈の正体を明らかにする目的で長時間心電図や心臓電気生理的検査(EPS)を行います。
②その不整脈に対して適当と思われる方法を複数提示して患者さんと相談します。
③薬物治療またはカテーテル治療あるいはペースメーカーなどのデバイス治療を行います。
④治療後に経過観察を行い、長期的方針を立てます。
という流れになります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 等 53 1.34 4.81 3.77% 74.13
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 等 49 2.98 6.86 0.00% 73.20
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 等 49 1.92 3.57 0.00% 64.94
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 1.22 18.91 8.70% 75.83
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 等 12 3.92 12.25 0.00% 74.08
泌尿器科入院における件数上位5位までの手術件数です。

可能な手術
尿路性器癌、尿路結石、排尿障害など泌尿器科疾患全般に対する一般的な検査、手術(小児を除く)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 35 3.31 7.00 0.00% 33.06
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 27 2.44 7.30 0.00% 33.70
K909-2 子宮内容除去術 等 22 0.18 0.14 0.00% 30.50
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 等 21 1.00 3.67 0.00% 35.33
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 15 1.00 5.00 0.00% 71.60
産婦人科入院における件数上位5位までの手術件数です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 43 1.60 4.77 0.00% 20.40
K309 鼓膜(排液換気)チューブ挿入術 等 43 0.19 1.42 0.00% 5.58
K368 扁桃周囲膿瘍切開術(左) 等 34 0.06 4.59 0.00% 47.09
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 14 1.57 6.57 0.00% 58.00
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 等 - - - - -
耳鼻咽喉科入院における件数上位5位までの手術件数です。ハイフン表記は10人未満の症例です。

可能な手術
1.鼻、副鼻腔(主に内視鏡手術)
副鼻腔炎・副鼻腔のう胞根治術、鼻茸切除術、鼻中隔矯正術、下鼻甲介切除術、下鼻甲介アルゴンプラズマ凝固術など
2.咽喉頭、食道
  口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術、喉頭ポリープ切除術、気管切開術、食道直達鏡による食道異物摘出術
3.耳
鼓膜チューブ留置術、鼓室形成術、鼓膜形成術、乳突洞削開術
4.その他
顎下腺摘出術、耳下腺腫瘍摘出術、唾石摘出術など
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 43 0.00 0.93 0.00% 64.79
K616 四肢血管拡張術・血栓除去術 18 2.28 2.22 0.00% 75.28
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 等 16 1.13 8.69 6.25% 76.31
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 14 4.79 18.57 0.00% 70.64
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
心臓血管外科入院における件数上位5位までの手術件数です。ハイフン表記は10人未満の症例です。

・冠動脈バイパス手術は約30例ありました。
・下肢静脈瘤血管内焼灼術のほとんどは日帰りまたは1泊入院でした。高位結紮術は外来での手術が可能です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 55 0.71 9.91 21.82% 80.87
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 等 12 1.33 19.08 8.33% 64.75
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術(CAS) 等 - - - - -
脳神経外科入院における件数上位5位までの手術件数です。ハイフン表記は10人未満の症例です。

最近の年間入院症例は約200~300例で、血管内手術を含めた手術症例は150例前後で推移しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 等 18 1.61 4.56 0.00% 0.61
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K7151 小児腸重積整復 - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
小児科入院における件数上位3位までの手術件数です。ハイフン表記は10人未満の症例です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 62 5.25 9.10 4.28% 71.74
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
腎臓内科入院における件数上位5位までの手術件数です。ハイフン表記は10人未満の症例です。

年間約80~100例の動静脈内シャント造設術や腹膜透析用テンコフカテーテル腹腔内留置術を当科で行っています。
呼吸器・感染症内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 31.36 20.54 36.36% 84.27
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
ハイフン表記は10人未満の症例です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 33 2.21 1.18 0.00% 71.75
K654 内視鏡的消化管止血術 21 0.78 11.82 4.34% 69.86
K6871,K6852 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ),内視鏡的胆道結石除去術(その他) 17 3.35 3.11 5.88% 70.05
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 1.23 8.61 0.00% 73.46
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 13 4.76 6.30 0.00% 67.76
 近年、内視鏡的治療は目覚ましく進歩しています。
 消化器内科における上位5位までの手術を示していますが、他にも治療内視鏡として食道静脈瘤硬化療法(EIS)をはじめ、内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)、内視鏡的拡張術、内視鏡的胃瘻増設術(PEG)など幅広く行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01%
異なる 19 0.27%
180010 敗血症 同一 18 0.26%
異なる 18 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 72 1.04%
異なる 12 0.17%
 入院医療費の支払制度(DPC包括医療費支払い制度)から見た入院患者数と保険請求した患者数割合の指標です。
 入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つ、患者数等を集計しています。
  なお、「180040手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現であり、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類であり、当院は1.21%ありました。
 その内訳のうち最も多いのは透析シャント閉塞(発生率:0.30%)、次に透析シャント狭窄(発生率:0.08%)、人工関節のゆるみ等(発生率:
0.08%)となっています。
更新履歴
令和元年10月1日
平成30年度病院指標を公開しました。