Home>診療科・部門紹介 >薬剤部の紹介

薬剤部の紹介

薬剤部長 上平 志子

特 徴

 薬剤師は、病院において「薬の責任者」として重要な役割を担っています。当院薬剤部は24時間体制で14名の薬剤師、3名の薬剤助手で業務を行っており、「薬の責任者として薬の安全を守る」をモットーに、各種薬剤業務及び院内の医薬品使用の安全性向上に向け努力しています。また、医療が高度化していく中で、チーム医療において、薬剤師の専門性を発揮し貢献していけるように、生涯研修や専門分野での認定資格を積極的に取得するように努力しています。現在、薬剤師が取得している認定資格は、日本病院薬剤師会の病院薬学認定や生涯研修認定をはじめとして、認定実務実習指導薬剤師、感染制御認定薬剤師、栄養サポートチーム(NST)専門療法士、日本糖尿病療養指導士、臨床薬理学会認定CRCなどになります。


主な業務内容

  1. 調剤業務
     医薬分業の指針に基づき、基本的にすべての外来患者さん(救急時は除く)を対象に院外処方せんを発行しています。入院患者さんに対しては、持参薬の鑑別や再調剤、医師の指示のもとに錠剤の一包化、粉砕などにも対応しています。



  2. 注射業務
     注射実施時に患者さんのリストバンドと、注射ラベルのバーコードを照合し、投与ミスを防いでいます。そのために注射薬は、患者別、一施用毎に、ボトルにアンプルと注射ラベルをセットし、注射カートで病棟に搬送しています。



  3. 薬剤指導業務
     医師の依頼に基づき、全科全病棟において薬剤管理指導業務を実施しています。患者さんが使用する薬剤の投薬禁忌、相互作用、重複投与等の確認をし、最適な薬剤、剤形と適切な用法・用量を医師に提案します。また、患者さんに納得して服薬していただけるように服薬説明を行い、副作用の早期発見・防止に努めています。


  4. DI(医薬品情報管理)業務
     医薬品情報の収集・整理・保管を行い、医師、薬剤師、看護師、その他の医療従事者ならびに患者さんに医薬品情報を提供し、安全で適正な薬物療法の支援をしています。また、当院で発生した副作用事例を一元管理し、厚生労働省や医療安全管理委員会等に報告しています。


  5. TDM(薬物血中濃度モニタリング)業務
     ジゴキシン、テオフィリン、抗てんかん薬、抗MRSA薬などの薬物血中濃度は、30分で測定結果が出せるように対応しています。測定結果をもとに投与量、投与間隔などを医師に提案しています。抗MRSA薬については、初期投与設計の段階から関わり、解析ソフトを用いてシミュレーションも行っています。


  6. TPN(高カロリー輸液)業務
     入院患者さんの中心静脈栄養法に用いる高カロリー輸液は、細菌汚染や異物混入を防ぐため、薬剤師が無菌室のクリーンベンチ内で調製を行っています。




  7. 抗がん剤の無菌調製業務
     院内で使用される抗がん剤は、すべて薬剤師が無菌的かつ曝露防止を目的とした安全キャビネット内で調製し、患者さんが安全に化学療法を受けられるようにしています。さらに、予め医師より提出された治療計画と注射処方せんの内容や薬歴、検査データを薬剤師が再度確認することで投薬ミスを防止しています。