Home>診療科・部門紹介 >中央リハビリテーション部の紹介

中央リハビリテーション部の紹介

中央リハビリテーション部長  濵岡 憲二

特 徴

 中央リハビリテーション部は急性期医療の中で早期より離床を進め、入院前の生活(自宅、職場、学校等)に一日も早く復帰できるように介入していきます。病状が安定された後も在宅療養に不安がある方には、地域包括ケア病棟でリハビリを継続し、安心して社会復帰が可能になるように関わっています。比較的長期にリハビリの必要な方には、近隣の回復期リハビリテーション病院でのリハビリ継続ができる体制も整っています。
 スタッフはリハ医師1名 理学療法士11名 作業療法士5名 言語聴覚土2名 事務1名で対応しています。


業務内容

理学療法:

身体の障害に対して運動療法、物理療法、基本的動作訓練を用いて基本的動作能力の維持、回復および障害悪化の予防などを行います。

作業療法:

心身の障害に対してさまざまな作業活動を用い、応用的動作能力や社会的適応力の再獲得を総合的に行います。

言語聴覚士:

脳血管障害によるコミュニケーション障害や、食べ物の飲みこみ障害に対して摂食・嚥下療法を行っています。

理学療法室 作業療法室 言語聴覚士による摂食指導


施設基準


  1. 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  2. 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  3. 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  4. 心大血管リハビリテーション(Ⅰ)
  5. がんリハビリテーション


認定資格、研修絡了等


  1. 3学会合同呼吸康法認定士
  2. 呼吸ケア指導士
  3. 心臓リハビリテーション指導士
  4. 日本糖尿病療養指導士
  5. 糖尿病カンバセーションマップファシリテーター
  6. がんのリハビリテーション研修終了
  7. がんマネージメント研修終了
  8. 認定作業痕法士