Home>診療科・部門紹介 >教育・研修部の紹介

教育・研修部の紹介

教育・研修部長(兼) 杉原 三郎 (副院長・耳鼻咽喉科部長)

特 徴

 教育・研修部は職員の教育・研修体制を充実し、また、臨床研修医などの受け入れ体制を確立し、院内全体の医療の質向上を図ることを目的とする院内支援部門の1つです。


初 期 研 修
 平成16年に法制化になった医師卒後臨床研修制度にあたり、山陰労災病院も当地の地域医療を充実させていく決意を行いました。当時、当院には政策病院という設立目的から、小児科、産婦人科がありませんでした。そこで近隣の博愛病院、米子医療センター、済生会境港総合病院、鳥取大学医学部附属病院、米子病院が協力病院となって、さらに研修協力施設の協力のもとで必要な科目が研修できる研修指定病院となりました。
 初期臨床研修は、1学年4名の定員でしたが平成22年度から5名になりました。基礎的な研修は山陰労災病院で、必須科目は当院で可能な科もありますが、協力病院で行い、選択プログラムとして上記5病院のどの科でも自由に選択できるという研修形態が可能となっています。当院を拠点に移動しなければなりませんが、いろいろな病院のシステムを垣間見ることも医師としての経験や人間形成に寄与すると考えます。当院はもちろん各病院とも救急患者が多く、各科とも地域の第一線で活躍しており実地医療が経験できるため、初期臨床研修には適していると自負しています。指導医は全てマンツーマン方式で、臨床研修はもちろん学会、研究会の発表も行えるようにしています。研修責任者、指導医が参加する研修医会は頻回に開催され、研修医の悩み、研修や研修環境に関する改善要望などを常時話し合える場を設けています。当院では研修医の宿直を義務にしていません。土日や祝日の日勤帯に指導医と救急外来の研修を行いますが、多分日本国内で宿直義務のない研修病院はないと思います。
 平成26年4月からは念願の小児科、産婦人科が診療を開始しました。プログラムの改訂を行ない平成27年度から当院でも小児科、産婦人科の研修が可能となりました。また鳥取大学の研修プログラムに協力する型で1年目のたすき掛け研修医を2名受けており医師臨床研修センターは大所帯となっています。
後 期 研 修
 3年目以降の後期研修では2〜3年の予定で、平成27年度からは小児科、産婦人科、リハビリテーション科、病理診断科を新たに加えた、20のプログラムを作成しました。さらに研修医の希望、将来計画に沿った形で各科をローテートできる研修形態を可能としました。処遇も初期研修、後期研修とも大幅に改善しました。山陰の風光明媚な環境での研修を希望される研修医をお待ちしています。平成27年度は3月に当院で研修を終えた医師が麻酔科で後期研修を行っています。
職 員 研 修
平成27年度実施研修会の全職員を対象として開催した研修会の主なものは以下の通りです。
日 時 研修会名 講 師
4月  個人情報に関する研修
 「個人情報保護について」
 総務課長 松平 淳
4月  ハラスメント研修会総  総務課長 松平 淳
5月  院内感染対策研修
 「当院の感染対策に関するデータ報告」
 「血液培養検査について」
 シメックス(株) 竹井真一
 感染防止管理者 目次 香
 救急看護認定看護師 原田真喜子
6月  輸血研修会
 「安全な輸血のために~輸血製剤について~」
 鳥取県赤十字血液センター
 学術・品質情報課長 松尾節恵
6月  経営分析セミナー
 「2015 年度機能評価係数Ⅱの県内比較」
 等について
 (株)MMオフィス
 代表取締役 工藤 高
6月  医療機器安全研修会
 「BiPAP Vision研修会」
 ~BiPAPの取扱(基礎編)~
 フィリップス・レスピロニクス 
 内藤省二
9月、10月  医療安全研修
 「医療事故調査制度の概要について」
 川中・野口法律事務所
 弁護士 野口浩一
10月  医療機器安全研修会
 「知っているようで知らないポンプの話」
 テルモ(株) 山下祐一
10月  褥瘡研修会
 「低栄養と褥瘡治癒」
 管理栄養士 村上理絵
 摂食・嚥下障害看護認定看護師
 箱崎五月
11月、12月  接遇研修会
 「医療スタッフとしての自覚と意識
 ~どうしたら接遇が良くなるの?~」
 診療放射線技師 仙石 真
11月  医療倫理に関する研修会
 「医療機関で性暴力被害者を支援するということ」
 性暴力救援センター・大阪  
 SACHICO運営委員
 ウィメンズセンター大阪代表
 原田 薫
11月  NST公開セミナー
 「日本の栄養管理レベルは上がったのか?」
 大阪大学臨床医工学融合研究教育
 センター 栄養ディバイス未来
 医工学共同研究部門
 特任教授 井上善文
11月  褥瘡対策研修会
 「褥瘡と鑑別すべき皮膚疾患について
 皮膚科部長 三島エリカ
11月、12月  院内感染対策研修
 「最近話題の薬剤耐性菌」
 米子医療センター
 感染対策室長 山根一和
12月  サイバーセキュリティー講習会
 「ネットの危険を知り、騙されないためには」
 鳥取県警察本部職員/日本IBM(株)
 二瓶哲哉
1月、2月  医療安全・医薬品の安全使用のための研修
 「高齢者のせん妄と転倒に配慮した不眠診療」
 福山市民病院
 精神科・精神腫瘍科長 平 俊浩
2月  医療機器に関する研修会
 「ネーザルハイフロー(AIRVO2)」
 F&Pヘルスケア(株) 
 千原大介
3月  診療報酬改定講習会
 「高齢者の総合的な機能評価のための研修」
 田辺三菱製薬(株) 
 医業経営コンサルタント 大江和人