Home>診療科・部門紹介 >認定看護師の紹介

認定看護師の紹介


認定看護師にお問い合わせの方はこちらまで

感染管理認定看護師  目次 香
 感染管理認定看護師取得後、2010年から専従として医療安全部に所属しており、感染管理の質の向上を目的とし、組織横断的に活動することが求められています。
 その他、院内感染防止対策委員会、全職員対象研修、情報発信などの活動の中で、コンサルテーションは重要だと思っています。皆様の業務や生活の中でふと疑問に思ったことが、実は大きな問題解決のきっかけになることがあります。
 感染防止対策に関する問題は医療安全同様、個人の問題ではありません。感染防止対策の対象は患者様だけでなく、患者様のご家族、職員や職員の家族も含まれ、病院の存在意義として、地域の皆様が対象です。組織的に問題解決に臨むためには皆様のご協力が必須です。どんどんご意見を寄せていただくようお願いします。
皮膚・排泄ケア認定看護師  阿部 安子
 皮膚・排泄ケア認定看護師は健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対するスキンケアを中心に、創傷管理や排泄管理を行っています。また、患者様とそのご家族の自己管理及びセルフケアの指導を行っています。
 活動にあたっては、看護職をはじめとする他職種と連携を図り、より質の高い看護実践、院内看護職員への指導及び相談に努めています。



透析看護認定看護師  森岡 万理
 私の日々の活動には、末期腎不全患者・家族の方への看護実践,スタッフ教育、相談などがあります。その中で今特に力を入れているのが慢性腎臓病(CKD)患者様に対しての個別腎臓病指導、糖尿病透析予防指導です。なぜなら、現在わが国のCKD患者は1330万人に達し、CKDの進行抑制と合併症予防のために、早期介入の必要性が注目されているからです。
 今後もよりよい腎不全看護が提供できるよう頑張りたいと思います。これかも透析看護認定看護師をどしどしご活用下さい。


がん化学療法看護認定看護師  原田 由美
 私の役割は、専門的な知識を持って抗がん剤治療を受ける患者様とそのご家族が安心して治療を受けることができるよう、また、少しでも副作用が軽く楽に過ごすことができるようにお手伝いすることです。実際の活動としては、抗がん剤治療を受ける患者様、ご家族へ抗がん剤治療やその副作用の対処方法などの説明を行い、また他の看護師への抗がん剤治療についての指導も行っています。
 抗がん剤治療についてのご質問があれば気軽に声をかけください。



糖尿病看護認定看護師  足立 里美
 現在外来において糖尿病患者様の足を守るためのフットケア外来を開催しています。さらに地域との連携を目指し、近隣の病院やその他の施設などへ研修会開催に向けての働きかけを行っています。また、患者さまが糖尿病をもちながらも仕事を継続することができるように、医師と協同しながら事業主への働き掛けも積極的に行う「治療と就労の両立支援」に力を入れ活動しています。
 今後も、糖尿病看護認定看護師として院内を含め社会に貢献できるよう、活動を広げていきたいと考えています。




集中ケア認定看護師  東田 宏美
 集中ケア認定看護師は、呼吸・循環について、より詳しく専門的に勉強しています。その特徴を活かし、呼吸サポートチームの一員として活動をしています。週1回人工呼吸器を装着されている患者様の回診を行っています。医師、看護師、臨床工学士、理学療法士が一つのチームを作り、主治医と共に早期に人工呼吸器の離脱、抜管、早期回復できるように援助しています。
 また当院の看護の質の向上を目指し、呼吸、循環看護についての勉強会を行っています。


救急看護認定看護師  原田 真喜子
 救急看護は今後の予測を立て、また状態悪化を予防することが必要とされます。そのためフィジカルアセスメントや、エビデンスに沿った医療の提供、さらに家族看護も重要です。そこで私は救急看護認定看護師として、院内スタッフ指導や救急看護実践を行い安全・安心な医療の提供に努めていきたいと考えています。
 また、現在はトリアージの充実、院内BLS研修会を開催していますが、今後は院内だけでなく地域の救急医療の向上の一助となる活動を行いたいと考えています。


認知症看護認定看護師  須田 明美
 認知症高齢者の方は、入院に伴う環境の変化や身体疾患による体調の悪化から、入院生活において混乱を来すことがあります。認知症ケアチームの一員として、患者様が、何に不便を感じているのか、どのような援助を必要としているのか、一人ひとりと向き合いながら、安心した療養生活を提供できるよう働きかけを行っています。
 認知症者の方の視点に立ち、その人らしさが尊重される看護を提供したいと考えます。認知症看護に対する悩みやご相談があれば、お声をかけてください。


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  武下 絵梨
 現在、HCUに所属し、病棟スタッフとともに、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)発症後の病状悪化や合併症を見逃さないための観察とケア、廃用性症候群の予防に努めています。同時に、患者様自身が望む、あるいは達成可能なセルフケアに向けて、残存機能を最大限に生かして「できる」を引き出し、「その人らしさ」を活かした生活に向かえるように援助しています。
年間で症例検討会や脳卒中リハビリテーション看護の勉強会も計画・実施しています。
 脳神経系のフィジカルアセスメント、意識障害・片麻痺・高次脳機能障害(失語症・半側空間無視など)のある方の日常生活援助方法、脳卒中再発予防のための退院指導など脳卒中リハビリテーション看護についてご相談頂けると嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。