Home>診療科・部門紹介 >医療情報管理室の紹介

医療情報管理室の紹介

医療情報管理室部長(兼) 太田原 顕 (第二循環器科部長)

特 徴

  情報化社会の中で産業界のあらゆる分野において業務の標準化、情報の共有化はきわめて重要とされています。もちろん医療業界もその例外ではなくそれらの業務は医療の質の向上及び経営効率化の面で必要なものとなっています。当院も平成20年4月より各部門システムを統合していく形で順次電子化し、医療情報管理部は電子カルテシステムの運用管理、メンテナンスを行うとともに、院内イントラネットの整備、運用からホームページ情報の構築、管理といった院内のあらゆる情報システムツールの技術支援を行う部署として、いわゆる病院の底支えをしております。
 情報の共有化を推進する一方で、診療録をはじめとする様々な診療情報は、安全確実な管理が法的にも求められており、患者様のプライバシーの確保や情報セキュリティの確立が求められます。当部署でもそれらの対策と改善を重要課題として取り組んでいます。また安定した運用稼動と自由度が高く融通性の利く(この2点は相反する命題でもありますが)システムを全病院的な視野から構成する努力を行っています。
今年度は電子カルテシステム更新時期にあたり、多くの部門や部署と運用の変更などを検討して、予算の範囲内で効率よい診療を支援できるシステムの構築準備を、各部門のスタッフの協力を得て行なっています。同時にこれまで接続しておりました県周産期ネットワークシステムやおしどりネットなどの地域連携構想に向けた活動との連携の継続業務も行なっています。
院外からアクセスが容易に可能である院内イントラではセキュリティの向上のため院内ネットワークのインフラ整備を行い、端末の一元管理によるウイルス対策および異常動作の監視は院外クラウドを利用したシステムに転換することで費用削減を行っております。また、ネットワークセキュリティーへの関心を深めていただくための「情報セキュリティーセミナー」も開催しております。